2歳児と2ヶ月児を連れての公園……三輪車はやめた方がいい

今日のまめさん

最近あずきさんがスリングの中だと大人しく寝てくれるようになったので、お散歩に行くようになりました。

徒歩10分ほどの公園へ行き、30分ほど遊んで、また10分ほど歩いて帰宅。

お散歩に行くとまめさんのお昼寝の寝付きがよく、寝ている隙に夕食を作ったり出来るのでとても助かっていました。

 

しかし、抱っこしたままだと公園でまめさんの相手が難しく、ベビーカーがあれば多少は遊べるかな? とベビーカーで行こうとした所、三輪車に乗ると言い出すまめさん。

まぁ乗ってくれるなら楽かと今日は三輪車で出掛けたのですが、それが間違いでした……。

 

スポンサーリンク

公園では楽しく遊べたけれど

午前中の公園は、小さな子が沢山います。今日も3、4組の親子がいました。

一人、まめさんの三輪車に近付く女の子がいて、自分のものを触られるのが嫌いなまめさんは必死で止めに行く(笑)

一緒に滑り台を滑ろう、その間貸してあげる?と聞くと、頷いたので女の子に貸してあげて、しばらく滑り台へ。

 

その後砂場の方へ行ったのですが、今日はお砂場セットを持って来ておらず。

置き去りにされてある誰かの砂場セットをじっと見つめながら「なー(したいなー)」と言っていました。

これが三輪車を貸してあげた子のものだったので、貸してくれました。

 

延々と砂場で遊んでいたのですが、その女の子が帰る様子だったので「ありがとうって返そう」と言うとギャン泣き!

無理矢理離してお返ししましたが、向こうのお母さんにも気を使わせてしまって申し訳なかった……。

 

二人を抱っこ、更に三輪車まで

そのまま三輪車も拒否で泣き続け、抱っこを求められ、途方に暮れる私(笑)

せめて三輪車がなければ抱っこでも帰れるのですが、本気で三輪車を捨てて行こうかと思いました。

 

そういうわけにもいかず、片方の腕にまめさん、もう片方の腕でスリングを支えつつ三輪車を押す……う、腕がもげそう。

すれ違ったおばあちゃんに「大変ねぇ」と笑われてしまいました。

 

なんとか家のすぐそばまで帰って来たときに、休憩していると近所のおばさんが家からちょうど出て来ました。

このお家には娘さんと、そのお子さんがいてまめさんよりちょっと大きいくらい。

泣いているまめさんを見てあやしてくれました。そしておばさんがこう言ってくれたのです。

 

「大変ねぇ、家まで送ろうか?」

 

近所付き合いきちんとしていてよかったーーー!!!

まめさんを抱っこしてくれて、「本当に申し訳ないです……」と言いながら、徒歩30秒ほどで我が家に到着。

出掛けるときなのに、こうやって助けてくれて本当に嬉しかった……。

 

そんなわけで、あずきさんの首がすわって抱っこ紐で出掛けられるまでは、三輪車は封印です。

しかもうちの三輪車、でかいし。スマートトライクの赤です。お下がりなので文句は言いませんが(言ってる)。

 

ではではー。

コメント