切迫早産の入院で、私がしていた暇つぶし5選

妊娠・出産

切迫早産での入院から、そろそろ6ヶ月が経とうとしています。

あんなに辛い入院でしたが、あずきさんが無事に産まれてくれたことですっかり忘れたと言いますか、遠い過去のものになりつつあります。

 

私と同じように、辛い入院生活を乗り越えようとしている方のお役にちょっとでも立てればなと、私がしていた暇つぶしを5つ。どれも大抵の方がしているありきたりのものですが……。

 

切迫早産は絶対安静が基本です。私は入院した時点では「このままだと2、3日で産まれる」という状況だったので、トイレと食事と歯磨き、2日に1度のシャワー、妊婦健診以外は本当に寝たきりでした。

 

点滴が無く投薬だけの方や、少し体を起こせる方、病室内は自由という方なら、もう少し出来ることも多いかもしれません。

 

関連記事

切迫早産、入院生活1日目
おはようございます。だいずです。 入院生活1日目、タイムスケジュールかまだ把握出来ていません。でも時間だけはたっぷりあるので、あんまり気にすることもないのかな。 この日は母が休みでまめさんを見ていてくれましたが、明日から

 

スポンサーリンク

1、漫画を読む

ぽてとくんが近所のコミックレンタルで、本を借りて来てくれました。長い入院生活、買うととっても高くつくのでレンタルはありがたい!

子どもが産まれるとゆっくり本を読む暇はないので、普段読まないような少女漫画や青年漫画も読んでみました。青空エールはとても良かった!

 

 

ただ、ずっと寝たまま本を読むと腕が疲れてくるので、スマホアプリの無料コミックも沢山よみました。

  

2、育児ブログを読む

これからの生活を想像して、色々な育児ブログを読みました。

個人的に好きなブログは、鳥頭ゆばさんの「巣ごもりゆばさん~ぼっち育児楽しんでいます~」です。

文章のブログも読み応えがあって好きですが、サラッと読めるコミックエッセイは時間つぶしにぴったりです。

 

先日コミックエッセイが発売され、さっそくKindle版で購入しました!

 

3、編み物をする

ちょうど冬だったので、娘にケープを編みました。春夏なら気温調整用にベストとか良いかもしれません。

ちょうど楽天スーパーセールだったので毛糸と編み針を購入し、お見舞いの時に家族に持って来てもらいました。

ただ、寝たまま編むのは結構難しいのと、肩が凝ります。あまり疲れるのも安静中は良く無いので、長期入院の間に1つ編み終える……程度にしておいた方が良いです。

 

4、ブログを書く

文章を書くのが好きなので、入院してからほぼ毎日、このブログで入院の記録をつけていました。

同じように切迫早産で入院した方のブログを読んで、具体的にこれからの入院生活のイメージが出来たり励まされたりしたので、私の経験も誰かの役に立てば嬉しいなと思って。

まぁ張りでの切迫でないので、減薬とかの話はあんまり参考にはならないかもですが……。

 

書いてからしっかり推敲すると時間が経つのでおススメです。PC触れる環境なら産後もがっつり書く事を想定したブログを作ってもいいかも。

 

5、寝る

とにかく寝れるのは今だけ!と、ここぞとばかりに寝ました。午後1〜3時はいつも昼寝をしていました。

産後はやはり夜になかなか寝られず、日中もイヤイヤのまめさんを相手にしていたので、1〜3ヶ月は結構しんどかったです。朝は寝てくれている間は家事をせず、自分も寝ていました。

4ヶ月になってようやくお互いのリズムが合ってきたのか、同じ時間に昼寝して、同じ時間に就寝してくれることが多くなりました。

 

以上、私の暇つぶしでした。とってもありきたり。

次にもし妊娠して入院したら、ノートパソコンを持ち込んでDVDを見たいなと思っているので、デスクトップからノートに買い替えたいなと思っています。

ではまたー。

コメント