エルゴも良いけど高いし2人目だし……2本目ならスリングって選択肢もあるよ。

子育て

まめさんの時は一人目だったこともあり、首すわりまで抱っこ紐は買いませんでした。

黄昏れ泣きが始まった頃に家事をするために買ったのですが、私が買ったものは「Buddy Buddy」というメーカーのもの。

つまり、首がすわるまで手を離す抱っこは出来ないタイプ。今思うとなぜエルゴを買っておかなかったのか……。

まぁまめさん抱っこ紐拒否でほとんど誰かが抱っこしていたので、これもほとんど使っていないのですが。

 

スポンサーリンク

何しても泣くので困った!

あずきさん、かなり敏感ちゃんで何しても泣くときがあります。最近は少しマシになりましたが、1ヶ月から2ヶ月の間は本当に凄かった……まめさんの時にはなかったのでかなりキツかったです。

で、あまりにも家事が出来ないのでエルゴを検討したのですが、首がすわれば抱っこ紐はあるしどうしようかな……と思っていた時に、お下がりにスリングを貰いました。

 

こちら。

image

ベッタ(Betta)のキャリーミー!です。私のは旧型?みたいで、サイズ調整は出来ません。

リング型でないスリングはここが重要なポイントで、サイズが合っていないと共有出来ないんです。リング型なら紐で調整可能です。

 

新型はファスナーでサイズ調整が出来るから、男女でも共有が可能みたいです。まぁぽてとくんと私は体型がほぼ同じなので、調整しなくても共有出来るのですが(笑)

 

キャリーミー!の良い所

なんと言ってもコンパクト。畳めばポーチに入っちゃうくらいのサイズ感。しかも軽くて、約250gです。

大人が数人いるから多分使わないけれど、もし上の子が寝たりして抱っこ紐が必要になったらどうしよう……という時に鞄に入れておけば安心。いつもミニオンのポーチに入れています。

image

長財布と比較してこんな感じです。くるくる畳んでいます。

 

日本の職人さんが縫い上げている立体裁断というのもポイント。本当にまんまる、すっぽりと赤ちゃんを包むことが出来ます。

 

あとは綿100パーセントなので赤ちゃんの肌にも優しい点と、お洗濯が簡単な点。

抱っこ紐はパーツで洗うのが面倒ですが、これはネットに入れて洗うだけなのでとっても簡単です。

 

一応首すわりまではすっぽり包んで肩にかけるのですが、きちんと首を支えてあげれば腰で支える抱っこも可能。これでお散歩のときにまめさんと手がつなげるようになりました!

 

キャリーミー!の悪い点

慣れるまでが大変。しっくりくるポジションで抱っこしてあげるまで、何度も練習しました。

あとは片肩と腰で体重を支えるので、両肩で抱っこ出来る抱っこ紐に比べるとちょっと負担がかかるかな。

 

もちろんずっと両手を話すのではなくて、あくまで一瞬離す時の支え、補助的な役割で使っています。特に洗濯を干す時が楽になりました。

慣れたら両手を離してスタスタ歩けるんでしょうけれど、ビビリな私は無理(笑)

というわけで、私のように2人目で首すわりまでの抱っこ紐が欲しいけど買うのは勿体ないとか、サブ的な持ち運びしやすいものを探している方はスリングおススメですよ〜。

 

ではではー。

コメント